お仲間にどうぞ

  • 冬のおはなし会1月13日11時から
    赤ちゃんからお年寄りまで、絵本を読んだりお話を聞いたり、さあ!はじまり・・・はじまり
  • ー元気になる集まりいろいろー1月の予定
    *よいこ連盟(保育士・なろうとする人)12日(金)7:00〜                *Y・Aの会 読書会(どなたでも)11日7:00〜 「とりあげる本 わたしを離さないで」   *学ぼう語ろう〜15日1:30〜「母の友1月号を読む(どなたでも)             *絵本の会  19日7:00〜(誰でも)2017年のお気に入りの絵本を読む          *グループ放課後 読書会(公共図書館司書・その他)17日(水)7:00〜「とりあげる本 タイム・ライダース」     *ボランティア講座 非公開 15日(月)10:00〜       *憲法カフェ30日(火)「沖縄は今」 28日(火)7:00〜(事前参加申し込み受付)      *羊毛チクチクの会 18日10:00〜(事前参加申し込み受付)節分のイワシを作る                                                                                                                         

1月の営業とお休み

  • 1月のお休み
    *お休み 1日から4日 8日・15日・22日・29日各月曜日 *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山   

募金にご協力ください。

  • 募金にご協力ください
    いつもアジアの子どもたちに絵本を贈る運動に会留府も参加している団体。公益社団法人シャンティ国際ボランティア会へ。http://www.sva.or.jp *郵便振替口座 00170-8-397994 口座名 SVA緊急救援募金 東日本大震災募金」と記入 (青い用紙が郵便局にあります)一口1000円から  みんなの小さな気持ちを!!

できることから

無料ブログはココログ

« 元気が出る本「やまんばあさん」 | トップページ | 蓮の花 »

2007年7月27日 (金)

海からのおたよりー7月臨時号

大漁!九十九里浜の地引網

005
  「せいのぉー、こらしょー、せいのぉー、こらさー」夏休みの初日、まだ梅雨の明けない九十九里の浜に元気な声が響きます。きょうは待ちに待った千葉中央博物館の観察会、「地引網のいきもの」です。地引網を仕切るのはハンドマイクを片手にしたおばちゃんです。左右に分かれた大きな網を引くのは大変な作業ですが、おばちゃんの笑顔と掛け声でだれもがたのしくなります。まるで海と綱引きをしている気分です。

007

「ほらほら網が見えてきた。お魚がはねてるよ!」「きょうは大漁だよ!」はねるイワシに混じって大きな魚が見えました。参加者たちがわっと袋状になった網にかけよります。「あぶないよ、あぶないよ。」きけんなエイなどがいるかもしれないので獲物は網からおじさんたちの手で大きな入れ物に移されます。魚は樽に6ぱい、大漁です。

009

 網には大きなクラゲが何匹か入っていました。中央博の先生によればエチゼンクラゲだそうです。日本海側で大量に発生して問題になりましたが、この時期に太平洋側にもきているのにはおどろきました。息子がいたずらして持ち上げてみたら重さで裂けたそうです。直径は50センチくらいあったでしょうか。

010

 きょうの収穫はカタクチイワシ、アカカマス、マイワシ、スズキ、セイゴ・フッコ(スズキの幼魚)、ホシザメ、アジ、クロウシノシタ(シタビラメ)、カンパチ、イボダイ、コノシロ、サバ、シマアジ、イシモチ、タチウオ、サバフグ、ヒイラギ、イカ、サルエビなどでした。不思議なことに10センチほどの幼魚がほとんどでした。先生方の解説を聞き、観察が終わると毒のあるサバフグを除いてそれぞれが持ち帰りました。大きなスズキ2匹はその場であらいにしてもらい、参加者にふるまわれました。
011_2

 さて、家に帰ってからがまた大変。お魚をさばいて天ぷらを揚げて・・・・朝からお魚と格闘すること12時間。小さな魚を料理するのはしんどかったですが、こどもたちが堤防で釣ってくる魚にくらべてうろこが少なくて下ごしらえが楽でした。イボダイ、タチウオなどの深いところにいる魚が獲れたのも意外でした。九十九里浜をまるごといただいたような・・・・たいそうおいしゅうございました。

どんぐりつうしん変集長 谷口 優子

 私もいただきました。小さいけれど久しぶりにとてもおいしい天ぷらでした。この日の夜は「えるふの夏のおはなし会」。おはなしが終わると皆で花火をして遊ぶのが恒例です。「おはなし会」はおはなしが2つ、絵本を2冊、ちょっと手遊びをしました。親子いっしょに聞きます。総勢25人ほど、雨を心配しましたが、大丈夫でした。終わって家に帰り、どんぐり変集長からの手づくりの天ぷらを、子どものとき地引き網を引いた時のことを思いながら、ビールを飲みおいしくいただきました。 ごちそうさまでした!!  ー   会留府ー

« 元気が出る本「やまんばあさん」 | トップページ | 蓮の花 »

コメント

セイゴ、フッコ、コノシロなど、千葉に住んでいたころ散々食べた魚の名前をみて、30年前の味が甦りました。
あまりに大漁で、色々な食べ方を工夫しましたが、セイゴやフッコはフライにしても結構美味しかったです。
スズキの奉書焼きがおいしいのは言うまでもないですけど^^

新鮮なお魚はほんとうにおいしい!
ましてや自分で獲ったとなるとまた格別です。
お魚も種類によって微妙に味が違うんですね。

マイワシについていた寄生虫(グソクムシ)は息子がアルコール漬けにしました。エビの味がする?かもしれないけれどさすがに食べませんでした(笑)

奉書焼、豪華ですね!こどもたちにはスズキを釣ってきてもらいたいものです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 元気が出る本「やまんばあさん」 | トップページ | 蓮の花 »

最近の写真

  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo_2
  • Photo
  • Dscf2944
  • Dscf29402
  • 1
  • 3306602
  • Photo