« 絵本「まさか おさかな」 | トップページ | ファイアーガール »

2007年7月11日 (水)

海からのおたよりー7月

海からのおたより 2007年7月

2007_013_1
2007_011_1
2007_012

 
 

 梅雨の合間のお日さまがときどき顔を出した1日、九十九里浜は早くも海開きをしていました。
不動堂海岸(豊海海岸・とようみ)から真亀海岸にかけて歩いてきました。相変わらず広い大きな海です。作り始めたばかりの海の家もありましたが、ライフセーバーも監視所に待機していてここだけ見ればすっかり夏の風景です。この海岸では海の家の前が海水浴場になっています。サーファーたちは海の家から外れたところで波乗りをしています。九十九里は外海なので真夏でも水が冷たいのですが、この日の水温は24度、気温は27度(午後3時・監視所発表)海風にあたるとやや肌寒い感じがしました。それでもこどもたちは水遊びをしていました。
波打ちぎわにたくさん打ちあがっていたのは白いコウイカの甲らでした。コウイカはからだにサーフボードのような15センチほどの殻をもったイカです。この時期に産卵して生を終える一年魚(といっても軟体動物です)で、黒いスミの入った袋をもっていて“スミイカ”とも呼ばれます。学名はセピアです。色あせたインクの色を「セピア色」といいますが、コウイカの墨に由来しています。よく見るととても不思議ないきものです。もちろん、食べるととてもおいしいイカです。
足元の波打ちぎわにはおびただしい数のフジノハナガイがいました。彼らは潮の満ち干で移動する貝です。人がいなくなるとすかさず鳥が波打ち際におりてきてフジノハナガイなどを食べています。
真亀海岸では地引網をしたあとで網を片付けていました。きょうは何が獲れたのでしょうか。
マリンスポーツも盛んな不動堂、スカイライダーが飛び、ビーチパラソルの花が咲くのも間近です。思い思いのスタイルで楽しめるのがこの大きな浜の特長です。海水浴場には救助用の黄色いサーフボードが立てかけてありました。この夏、あのボードが活躍しないことを祈りながら浜を後にしました。

 どんぐりつうしん変集長 谷口優子

« 絵本「まさか おさかな」 | トップページ | ファイアーガール »

自然」カテゴリの記事

コメント

九十九里浜での地引網は、何回か観る機会もあり、また猟師さんの手伝いをしたこともありますが、昔はよく獲れていたイワシが最近は不漁だそうですね。
私か千葉に住んでいたころは、銚子から直送を謳ったトラックが、20センチを越えるマイワシを1匹10円で売りに来ていました。塩焼きにしたり、手開きにして刺身で食べたり・・・脂の乗ったイワシの美味しかったこと。
今回は、どんな魚が上がったのでしょうね、見てみたいものです。

イワシは安くて栄養豊富、だったのがいまや高級魚になりつつありますね。
21日に千葉中央博物館の観察会「地びき網でとれる砂浜のいきもの」に参加します。大漁だといいな。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 絵本「まさか おさかな」 | トップページ | ファイアーガール »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

11月の営業とお休み

  • 11月のお休み
    *お休み 3日(臨時)・6日(月)・13日(月)20日(月)27日(月) *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *よいこ連盟(保育士・なろうとする人)10日(金)7:00〜 「おもちゃと子ども」おもちゃカフェサンタ・西宮さんを囲んで話を聞く          *Y・Aの会 読書会(どなたでも)9日7:00〜 「とりあげる本 紙の動物園」        *学ぼう語ろう〜13日10:00〜「母の友10月号を読む・子どもの貧困とは(どなたでも)   *絵本の会 今年のクリスマスの絵本をみよう 17日7:00〜(誰でも)         *グループ放課後 読書会「くまのあたりまえ」(公共図書館司書・その他)15日(水)7:00〜            *ボランティア講座 非公開 20日(月)10:00〜       *憲法カフェ28日(火)「沖縄は今」レポーター沖縄在住石坂さん 28日(火)7:00〜(事前参加申し込み受付)       *羊毛チクチクの会30日(木)10:30〜クリスマスの飾り(事前参加申し込み受付)                                                                                                                         

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山