« 富安陽子のエッセイ | トップページ | 「マチルダばあや」がかえってきた »

2007年6月 3日 (日)

谷川俊太郎+林光 詩と音楽の会

 会留府は開店以来30年たった。正確にいうと2006年12月で30歳になった。時々聞かれる店を始めるキッカケ、じつは別に何かあったわけではない。フクロウの森にひかれて千葉へ引っ越してきたのが1973年の夏(夫の誕生日)しばらく東京の職場に通っていたのだが、その頃夫が勤めていた出版社が解散してしまった。身の振り方を考えて選択したのが、子どもの本の専門店を開くということだった。なんの準備もない、もちろんお金の準備もない、自宅の一室からはじめることにした。集会室などを借りて展示会などをしながら販売をする方法だった。けれど、本屋をするにはやはり店をもたないと難しいことがわかり、借金をして店を立ち上げた。いまに来るまでほんとにいろいろなことがあった。(これからもあるにちがいない。)
 小さな講演会などはちょこちょことしたのだが10周年のとき、ちょっとお祝いらしき会をもちたくなった。講演会はおとなが対象なので、それとちがって子どもと一緒に楽しめるものを・・・と考えたのが、谷川俊太郎さんに来ていただくことだった。谷川さんにお願いすると一人で壇の上から話すようなものは受けられない、相手を、といわれ浮かんだのは林光さん、若さのなすことか、猪突猛進、強引に決めて、呼びかけて、ともかく2人でなにもかもつっぱしった。定員以上に券を売ってしまい、あわててウスベリをひいて子どもたちは前に、レンタルのイスを持ち込んで、それがとても楽しかった。20周年も(この時は協力者ができた)その調子、25年は林さんのつごうがつかなくて谷川賢作さんにお願いして、どの会も私たちはもちろんのこと、来ていただいた方もとても喜んでいただいた。
 そして、今回、30周年をお祝いしたいと計画した。残念ながら夫は参加できないけれど、彼の分も楽しい会にしたいと思っている。
*  「会留府の30周年を祝う会 谷川俊太郎+林光 詩と音楽の会」
  2007年9月29日 (土)1:30〜3:30
 千葉県文化会館(会留府のすぐそばです)小ホール
チケット代 おとな〜中学生2950円    小学生以下2000円
申し込み  043-274-0187(TEL・FAX)石倉    子どもの本の専門店 会留府
申し込み後郵便口座 10500-20669541 会留府の30周年を祝う会
確認後チケットをお渡しします。
*6時からは会場をかえて谷川さん、林さんを囲んでお祝いの会があります。
会費5000円(チケット前売り)くわしくはお問い合わせを

« 富安陽子のエッセイ | トップページ | 「マチルダばあや」がかえってきた »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 富安陽子のエッセイ | トップページ | 「マチルダばあや」がかえってきた »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

10月の営業とお休み

  • 10月のお休み
    *お休み 2日(月)・9日(月)・16日(月)23日(月)30日(月) *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *よいこ連盟(保育士・なろう とする人)13日(金)7:00〜  「絵本をみる」        *Y・Aの会 読書会(どなたで も)12日7:00〜 「とりあげ る本 赤川次郎の本を読む」   *絵本の会 「絵本づくりの現場から」講師光村教育図書編集・吉崎さん 20日7:00〜(誰でも)           *グループ放課後 読書会「蜜蜂と遠雷」(公共図書館司書・その他)18日(水)7:00〜                  *ボランティア講座 非公開 16日(月)10:00〜       *憲法カフェ26日(火)「教育と憲法2」講師千葉県若手弁護士の会・中島弁護士 9月31日(火)7:00〜         *羊毛チクチクの会ハロウィーンのカボチャをつくる 19日(木)10:30〜                                                                                                                         

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山