« 二冊の「ビロードうさぎ」 | トップページ | どこにいくのでしょう「学校図書予算」 »

2007年4月28日 (土)

海からのおたよりー連休編

たのしい磯あそび

いよいよゴールデンウィークです。今年は5月2日が満月なので連休後半は潮まわりがよく、潮干狩りや磯あそびに最適です。今回は家族で館山の海岸であそんできたときのお話です。
2007_1_016
春から夏にかけては潮の干満の差が大きく、特に大潮の干潮時には磯でたくさんのいきものを観察することができます。干潮と満潮ではまるでちがった場所のようです。
波はおだやかでしたが、浜辺にはかなり強い風が吹いていました。潮のひいた岩の割れ目でさっそくムラサキウニを発見!つぎにこどもが足元のレンガを裏返して見るとヒザラガイやスカシガイがついていました。生きた貝が見られるチャンスはなかなかありません。ゆっくりと(彼らにしてみればあわてていると思いますが)動いているのを観察してからそっと元にもどしてやりました。
2007_1_017
「ホソウスビザラガイ」
2007_1_011
「ナマコ」
2007_1_002
「タカラガイ(ホシキヌタ)」

 「うわ〜」という声をきいてこどものところへ行ってみるとナマコがいました。つかんでみると伸びていたからだをたちまちきゅ〜っと縮めて別のいきもののようになってしまいました。ナマコはさわり続けているとからだがだんだんとやわらかくなってやがて内臓を体の外に出して溶けたようになるそうです。不思議なことに数時間すると元通りになるといます。かわいそうなので“実験”はしませんでしたが。ぴかぴかに光る美しいタカラガイは生きているときには外套膜というやわらかい膜でおおわれています。これは岩の割れ目にいたホシキヌタです。背中に白い星を散らしたような模様があります。ちょっと見ただけではナマコかタカラガイかわかりません。ナマコは棘皮動物、タカラガイは軟体動物、どちらも背骨のない無脊椎動物といわれるいきものです。陸上にいたら気持ち悪くてさわれないかもしれませんが、磯で見つけるとうれしくなってしまいます。海のいきものはわからないものだらけ。ほんとうにおもしろいものです。
磯遊びはたのしいことですが、海にはきけんもあります。毒を持つアカクラゲや皮膚炎をおこすシロガヤという海藻に似たヒドロという動物もふつうにいます。くれぐれもいきなりいきものをさわらないようにしましょう。また場所によっては満ち潮で帰れなくなってしまうこともありますので干潮の時間については充分調べておいてからおでかけになってくださいね。
どんぐりつうしん変集長 谷口優子

« 二冊の「ビロードうさぎ」 | トップページ | どこにいくのでしょう「学校図書予算」 »

自然」カテゴリの記事

コメント

アカクラゲはこれから本格的に寄って来るので要注意ですね。
危険な動物だけでなく、カメラを生みに落とす、などのような不注意にも十分注意しましょう(T_T)

以前わたしもやってしまい、防水のカメラにしました。
ある観察会に行ったら3人おそろいでした(笑)
砂でボールペンがノックできなくなってしまったことも。
海にはシンプルなスタイルででかけましょうね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 二冊の「ビロードうさぎ」 | トップページ | どこにいくのでしょう「学校図書予算」 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

10月の営業とお休み

  • 10月のお休み
    *お休み 2日(月)・9日(月)・16日(月)23日(月)30日(月) *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *よいこ連盟(保育士・なろう とする人)13日(金)7:00〜  「絵本をみる」        *Y・Aの会 読書会(どなたで も)12日7:00〜 「とりあげ る本 赤川次郎の本を読む」   *絵本の会 「絵本づくりの現場から」講師光村教育図書編集・吉崎さん 20日7:00〜(誰でも)           *グループ放課後 読書会「蜜蜂と遠雷」(公共図書館司書・その他)18日(水)7:00〜                  *ボランティア講座 非公開 16日(月)10:00〜       *憲法カフェ26日(火)「教育と憲法2」講師千葉県若手弁護士の会・中島弁護士 9月31日(火)7:00〜         *羊毛チクチクの会ハロウィーンのカボチャをつくる 19日(木)10:30〜                                                                                                                         

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山