ウェブページ

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    <2018年度の募集はじまり ました。自主講座のグループ もありますが、くわしくは会 留府にお問い合わせ下さい、 *ボランティア講座と絵本の会は5月からスタート 参加募集中> ・・・・・・・・・・・・・・・              =5月の予定=    *学ぼう語ろう〜21日2:00〜きみたちはどう生きるか」を読んで  ・・・・・・・・・・・・・・・        *Y・Aの本を読む会 10日  (木)7:00〜読書会「扉守 塩の道の旅人」  光原百合著 ・・・・・・・・・・・・・・・        *羊毛チクチクの会 17日10:30  〜(事前参加申し 込み受付)        ・・・・・・・・・・・・・・・ *グループ放課後 9日 (水)7:00〜読書会「たまたまザイールまたコンゴ 田中真知・著(公共 図書館司書・その他) ・・・・・・・・・・・・・・・       *憲法カフェプラス2 29日(火)  7:00〜選挙法について学ぼう・国民投票ってなんだ  お話 千葉県若手弁護士の会お茶と パン付き800円 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    *絵本の会 18日(金)7:00〜さあはじめよう!どんな絵本を読もうか?!                                                                                                                         

5月の営業とお休み

  • 5月のお休み
    *お休み 3日・4日・5日・7日・14日・21日・28日の各月曜日 *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00
無料ブログはココログ

« 戦争と平和ーベルリン1945 | トップページ | 戦争についてーウルフィーからの手紙 »

2007年3月 1日 (木)

「歳月」茨木のり子詩集

 一日取次ぎへ行って、追われるように仕事をして店に戻ったら、注文していた茨木のり子詩集「歳月」が入ってきていた。きなりの自然な色に、額に入った鳥の版画がついた静かな本だ。1975年茨木のり子の夫が逝き、31年の間夫の思いを書きとめ、夫のイニシャルである〔Y〕をつけた無印良品の小さな箱に入った詩、生前は恥ずかしがって出版されなかったものとのことである。たしかに、亡き夫へのラブレーターでもあった数々には夫婦の生活が匂いたつのような詩もある。
 私が最初に茨木のり子の詩に出会ったのはいつのことか、どの詩だったかははっきりしない。おそらく金子光晴の詩や文に出会った方が先で、そこから読むようになったのではないかと思う。2回話を聞いたことがあるが、それも金子光晴の話だった。静かにきちんと話す人だった。それは後年の詩集「倚りかからず」のようでもあり、自他共にとても厳しい人の印象を受けるが、私は「見えない配達夫」のようなユーモアの感じられる詩も好きだ。
 亡き夫に(あなたは もしかしたら 存在しなかったのかもしれない・中略・わたしも ほんとうは 存在していないのかもしれないー「存在」からーと、詩った詩人はもういない。そして、やっぱり先に逝ってしまった私の夫も、もしかしたら存在しなかったのかもしれないと思う。
 帰り道、通りかかった公民館から練習らしい太鼓と笛のお囃子が聞こえ、遠くでは火の用心の鐘が鳴り、沈丁花のかおりが流れ、見上げた夜空に月が煌煌と輝く、今夜は不思議な夜だ。

« 戦争と平和ーベルリン1945 | トップページ | 戦争についてーウルフィーからの手紙 »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 戦争と平和ーベルリン1945 | トップページ | 戦争についてーウルフィーからの手紙 »

最近の写真

  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo_2
  • Photo
  • Photo_2
  • Photo
  • Photo
  • Photo_2
  • Photo
  • Photo_2