« 物語のはじまり | トップページ | 科学絵本ーお姫さまのアリの巣たんけん »

2007年2月 3日 (土)

今年こそはーミドリ

【遅ればせながら、今年の抱負】
 もう2月になっちゃいましたが、2007年の抱負の話をさせてください。
 1つ目は『後回し禁止』です。これは去年の末から自分に言い聞かせてきてるのですが、やらなきゃいけない事を「後で」とか「明日」とか言って今やらない癖をいい加減直さなければ!と思っているので面倒臭いな、と思ったら『後回し禁止令発令中』だったのを思い出して、頑張りたいと思います。
 2つ目は『みんなに応援してもらえる自己チュー』になる事です。「自己チュー」は自己中心的な考えを持った人です。いつも自己中でいれば応援してもらえるどころかみんなに嫌われてしまいます。周りの人の事を考える事は大切です。でも、いつも自分の事は後回しでみんなの言う事ばかり聞いている人が好かれるか、と言うと、そんな人はみんなに「イイ人だね」と言われるだけで、本人が何か頑張りたい時は、みんな助けてくれるとは限らないのです。
 私の友達には結構たくさん「自己チュー」が居ますが、何となく魅力的で私は嫌いになれないのです。彼らの魅力は、自分の考えがしっかりしていてそれに素直に行動している所だと最近考えました。難しくてなかなか上手くいきませんが、今年こそ、みんなに合わせられるイイ人で、なおかつ自分の考えがしっかりしている自己チューになるべく頑張ります。
 ちょっと前に高校のオーラルコミュニケーションの授業の中で今年やりたいことを聞かれました。映画をたくさん見たり、本をたくさん読んだりしたい、と答えました。それにプラスして音楽もたくさん聴きたいと思います。こういう話をするとよくどんなジャンルが好きなの?と聞かれますが、私は、自分の好きなジャンルはコレ、と決めるのが好きじゃないんです。誰かにこんなのが好き、と話してしまう事で自分でも気が付かないうちに楽しむジャンルを限定してしまっている人が多くて、それが勿体無いと思うからです。「コレは私の好きなジャンルじゃないの。」と観てみる前に言ってしまったらその良さには一生気が付かないからです。そこで、私は最近好きなジャンルを問われた時の対応策を発明しました。「最近は〜が多いけど何でも好きだよ。」と言うのです。どうでしょう?
 今年から大学生になり、新しい人たちと出会います。みんなの好きな物に触れて新しい世界が広がるといいなぁ
と思っています。
from⇒ミドリ


« 物語のはじまり | トップページ | 科学絵本ーお姫さまのアリの巣たんけん »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 物語のはじまり | トップページ | 科学絵本ーお姫さまのアリの巣たんけん »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

12月の営業とお休み

  • 12月のお休みは28日までありません。
    *お休み 28日午後から1月4日まで *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • 冬のおはなし会
    赤ちゃんからお年寄りまで、絵本を読んだりお話を聞いたり、さあ!はじまり・・・はじまり
  • 12月の定例会
    すべての集まりの定例会はお休みです
  • ー元気になる集まりいろいろー1月の予定
    *よいこ連盟(保育士・なろうとする人)12日(金)7:00〜                   *Y・Aの会 読書会(どなたでも)11日7:00〜 「とりあげる本 わたしを離さないで」     *学ぼう語ろう〜15日1:30〜「母の友1月号を読む(どなたでも) *絵本の会  19日7:00〜(誰でも)             *グループ放課後 読書会(公共図書館司書・その他)17日(水)7:00〜             *ボランティア講座 非公開 22日(月)10:00〜         *憲法カフェ30日(火)「沖縄は今」 28日(火)7:00〜(事前参加申し込み受付)        *羊毛チクチクの会 未定(事前参加申し込み受付)                                                                                                                         

できることから

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山