« タイムマシン | トップページ | 幼年童話ーなまえをみてちょうだい »

2007年2月22日 (木)

2月のおたよりーひろや

ある日ある時ある場所で

【2月○日】
 鶴巻和哉監督の最新作、『トップをねらえ2!』(アニメOVA)の最終話、『あなたの人生の物語』の台詞がイイ。『痛いことや、苦しいことをありがたがるなんて、バカみたいじゃないか!だけど、それが人間ってことなんだ!強さは身体の大きさじゃない、心の力だ!そうなんだろ、ノノ!それが、努力と根性だ!』努力と根性によってもたらされる結果は必ずしも、映画や小説や漫画みたいにわかりやすいものではないかもしれない。でもじゃあ、この謎だらけの世界に、訳もわからず放り込まれて狼狽する私たちが、取りあえず目指す方向性として、努力と根性以外に何があるだろう。何もわからないのだから、取りあえず現状を維持するしかない。つまり歩き続けてみる。そして歩く速度じゃよくわからないと気付いた時、その次には走ってみるのだ。そこに『意味』がないにしても、走ってから見える景色はきっとあると思う。

【2月×日】
 祖父母の家で、DVDが見られるように配線して、ありがとうって言われる。

【2月△Э日】
友人Uと、放課後イトーヨーカドーのフードコート(←伸ばす音が多い)にある、「ポッポ」とかいう店で、さして美味でもないポテトフライを食いながら雑談。唐突に「自分の中でフェチを感じる物事ってある?」と聞いてみたら、暫く黙ってもそもそポテトを食んだ後、「生暖かいイスかなあ」と、彼は答えた。

【2月□日】
 『ハケンの品格』というドラマがあって、それに対して実際の派遣社員から、「すっきりした」という感想と同時に「あんな話、在りえない」という批判が寄せられているそうだ。ある雑誌でも「派遣社員1000人・怒りのアンケート」みたいな特集が組まれていて、ぼくはそれを見て、まったく面白くない世の中だなあという感想を持った。現実がドラマ以上に、或いはドラマに反して過酷であるなら、何故『ハケンの品格』を勧善懲悪の痛快な物語として見ることができないのか。何故、ドラマを心と現実を補完してくれる、一つの機能として捉えられないのか。オタクに対する一般的な意見として「現実と虚構の区別をつけられない」というものがあるが、ドラマと現実を照らし合わせて「ありえない」と憤慨してしまうような乏しい感性は、それこそ現実と虚構の区別がついていない、ということと一体どこが違うのか。ま、それはともかく出演している篠原涼子がすごくカッコイイ。フィクションをあくまでフィクションとして視聴できる、ごく普通の方々にのみ推薦いたします。

  五十嵐敬也

« タイムマシン | トップページ | 幼年童話ーなまえをみてちょうだい »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« タイムマシン | トップページ | 幼年童話ーなまえをみてちょうだい »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

12月の営業とお休み

  • 12月のお休みは28日までありません。
    *お休み 28日午後から1月4日まで *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • 冬のおはなし会
    赤ちゃんからお年寄りまで、絵本を読んだりお話を聞いたり、さあ!はじまり・・・はじまり
  • 12月の定例会
    すべての集まりの定例会はお休みです
  • ー元気になる集まりいろいろー1月の予定
    *よいこ連盟(保育士・なろうとする人)12日(金)7:00〜                   *Y・Aの会 読書会(どなたでも)11日7:00〜 「とりあげる本 わたしを離さないで」     *学ぼう語ろう〜15日1:30〜「母の友1月号を読む(どなたでも) *絵本の会  19日7:00〜(誰でも)             *グループ放課後 読書会(公共図書館司書・その他)17日(水)7:00〜             *ボランティア講座 非公開 22日(月)10:00〜         *憲法カフェ30日(火)「沖縄は今」 28日(火)7:00〜(事前参加申し込み受付)        *羊毛チクチクの会 未定(事前参加申し込み受付)                                                                                                                         

できることから

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山