ウェブページ

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    <2018年度の募集はじまり ました。自主講座のグループ もありますが、くわしくは会 留府にお問い合わせ下さい、 *ボランティア講座と絵本の会は5月からスタート 参加募集中> ・・・・・・・・・・・・・・・              =5月の予定=    *学ぼう語ろう〜21日2:00〜きみたちはどう生きるか」を読んで  ・・・・・・・・・・・・・・・        *Y・Aの本を読む会 10日  (木)7:00〜読書会「扉守 塩の道の旅人」  光原百合著 ・・・・・・・・・・・・・・・        *羊毛チクチクの会 17日10:30  〜(事前参加申し 込み受付)        ・・・・・・・・・・・・・・・ *グループ放課後 9日 (水)7:00〜読書会「たまたまザイールまたコンゴ 田中真知・著(公共 図書館司書・その他) ・・・・・・・・・・・・・・・       *憲法カフェプラス2 29日(火)  7:00〜選挙法について学ぼう・国民投票ってなんだ  お話 千葉県若手弁護士の会お茶と パン付き800円 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    *絵本の会 18日(金)7:00〜さあはじめよう!どんな絵本を読もうか?!                                                                                                                         

5月の営業とお休み

  • 5月のお休み
    *お休み 3日・4日・5日・7日・14日・21日・28日の各月曜日 *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00
無料ブログはココログ

« 世界一おいしい火山の本 | トップページ | 幽霊を見た10の話 »

2007年1月29日 (月)

対談集 詩人と絵描き

Htbookcoverimage_33


「詩人と絵描き」
ー子ども・絵本・人生を語るー
谷川俊太郎・太田大八・山田馨
講談社 本体1300円




1931年生まれの詩人と1918年生まれの絵描きを、1941年生まれの元編集者が聞き手になって1冊の本ができた。子どものとき、戦争、デビューからの仕事のこと、女たち、山派の谷川俊太郎と海派の太田大八、そして、作品のこと、呼び捨てにするのは恐れ多いほどの著名なおふたり、そして、聞き手の山田馨の3者絶妙な対談集である。
谷川俊太郎に関してはいろいろのところでもわりあい書かれてるので、たとえば両親のこと、とくに自他ともに認めるマザコンのことなど、とくべつ新しいことはなかった。「仕事と人生」のなかで最初から食うために仕事をした、そして、現代詩のなかの狭い詩壇で閉鎖的にいるのはいやだ、だからいろんなことをやってみる(なんとファッションモデルまでやったことがあるとのこと)たしかにお会いしても、いつもあのチャレンジ精神と好奇心には驚かされてしまう。一方、太田大八の方はあまり知らなかったが、とてもモダンでフレッシュな絵というか作品は、父親が貿易商で3歳までウラジオストクにいたということの影響があるのかもしれない。母親は小学校4年の時死んでしまったこと、原爆投下の広島のこと、日本中を飛び回って仕事(建築)をしていたこと、闇屋稼業のことまで、ちょっと驚くようなことがあり、これらがエネルギーになっているのかと思った。「作品のこと」には、でてくる絵本、特に二人の共著の絵本は、今は手に入らないものが多く残念なのだが(復刊の運動しようかな?)二人の絵本観が書かれていておもしろい。決まったテーマでなく、自分の心の底にある抽象的な部分を書きたい(P279)という太田大八、具体的に描いて欲しいと谷川俊太郎が差し出した「詩人の墓」。
Htbookcoverimage_34


「詩人の墓」
谷川俊太郎・文
太田大八・ 絵
集英社




ともかくこの本は単なる二人への好奇心というだけでなく、絵本論としても充分おもしろい。
「おわりに」に、この本は聞き手の山田馨の力におうことが多いと書かれているが、昔、岩波書店の児童書部門で会留府の担当だったことがあり、その頃の山田さんを、さもありなんと懐かしく思い出した。


« 世界一おいしい火山の本 | トップページ | 幽霊を見た10の話 »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 世界一おいしい火山の本 | トップページ | 幽霊を見た10の話 »

最近の写真

  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo_2
  • Photo
  • Photo_2
  • Photo
  • Photo
  • Photo_2
  • Photo
  • Photo_2