« 絵本 ふゆめがっしようだん | トップページ | シャーロットのおくりもの »

2006年12月27日 (水)

海からのおたよりー12月の2

復活!アサクサノリ
 木更津のNPO「盤州里海の会(ばんずさとうみのかい)」が今年、アサクサノリの養殖を6年越しで復活させました。「浅草のり」は食べているのになぜ?と思われる方もおられるでしょう。実は現在の浅草のり=アサクサノリではないのです。
 先日、海の博物館の菊池則雄先生の講演を聞きました。市場に出回っている「浅草のり」といわれているのりは現在100%「スサビノリ」という種類ののりだそうです。1960年代まではすべて「アサクサノリ」が養殖されていました。しかし病害につよい、色が黒い、伸びがよい、などの理由から養殖されるノリがアサクサノリからスサビノリに替わっていきました。アサクサノリは浅草寺の門前で売られていたことからつけられた和名です。生の「スサビノリ」と「アサクサノリ」は見ただけではほとんど見分けがつかず、顕微鏡でわずかな違いを確認することができるのだそうです。「近頃ののりは昔ののりと違う」が口癖のようになっている母のことばはたしかでした。アサクサノリは現在、環境省レッドデータブックの絶滅危惧種になっています。最近、多摩川河口で発見されて話題になりましたが、この繁殖地も羽田空港拡張工事でいずれ消える運命にあるようです。(今回の「アサクサノリ」は九州で採取されたものだそうです。)
 のりの生産のようすはぜひリンクされている

「盤州里海の会」HP「チャレンジ!アサクサノリ復活計画2006」

をご覧になってください。わたしたちがなにげなく食べているのりは自然に左右されやすいデリケートな“いきもの”だということがよくわかります。「里海の会」から送られてきた試食のアサクサノリをあぶるとなんとも香ばしいかおりがしました。思ったよりも薄く、口どけがいいという感想を持ちました。これが本当のアサクサノリなのです。はためには同じように見えたノリの養殖ですが、一度やめてしまうと復活させるのは大変なことなんだな、と思いました。この数ヶ月、メルマガで送られてくる海の状況に一喜一憂しながら見守ってきました。海の男たちの情熱がやっと実りました。
 「里海の会」では1月10日に万祝い(まいわい=豊漁の際に着るはっぴ)を着て東京の浅草寺にのりを奉納するそうです。また、勝浦にある県立中央博物館分館海の博物館では現在「アサクサノリ」の展示をしています。興味のある方はぜひおでかけになってみてください。
2006_027
2006_026

どんぐりつうしん変集長

谷口優子

« 絵本 ふゆめがっしようだん | トップページ | シャーロットのおくりもの »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 絵本 ふゆめがっしようだん | トップページ | シャーロットのおくりもの »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

6月の営業とお休み

  • 6月のお休み
    *6月5日・12日・19日・26日の月曜日                    *6月4日・11日・18日・25日の日曜日は1:30〜6:00            *営業時間10:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *グループ学ぼう・話そう 定例会第2月曜日12日(月)10:00〜話し合い  *ボランティア講座 定例会19日(月)10:00〜 テーマ「科学絵本を読む・非公開」              *憲法カフェ27日(火)3期・6月学習会「いま、福島は・報告と話し合い」誰でも・予約制             *グループ放課後(公共図書員・関係のある人) 定例会15日(木)7:00〜読書会・D・J・ハスケル著「ミクロの森」               *YAの本を読む会+のんき〜ず学校図書館司書  定例会8日(木)7:00〜読書会R・M・フイッツジェラルド著「スピニー通りの秘密の絵」   *よいこ連盟・絵本の会(保育士たち)定例会23日(金)7:00〜制作「絵本を読む」                *絵本の会16日(金)7:00〜方言で昔話を聞く・絵本で見る 語り手高橋峰夫さん                 *羊毛ちくちくの会22日(木)10:00〜制作                                                                                                           

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山