お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    <2018年度の募集中!自主講座のグループ もありますが、くわしくは会留府にお問い合わせ下さい、 *ボランティア講座と絵本の会は5月からスタート 参加募集中> ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     7月の予定・くわしくは7月のえるふ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 夏のえるふお話会 21日(土)7:00〜 お話と絵本を読んで+花火をして遊びます。 おとなといっしょです。参加はどなたでも/お申し込み受け付けています。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     *学ぼう語ろう〜9日10:00〜読書会 参加自由  ・・・・・・・・・・・・・・・   *Y・Aの本を読む会 12日(木)7:00〜読書会 ・・・・・・・・・・・・・・・ *羊毛チクチクの会 19日(木)10:30  〜(事前参加申し込み受付)        ・・・・・・・・・・・・・・・       *グループ放課後 18日(水)7:00〜読書会(公共 図書館司書・その他) ・・・・・・・・・・・・・・・          *憲法カフェプラスのプラス2 31日(火)  7:00〜社会保障と憲法  お茶パン付き800円 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・      *絵本の会 20日(金)7:00〜今絵本がおもしろい。ポーランドのおはなしと絵本 非会員800円                                                                                                                         

7月の営業とお休み

  • 7月のお休み
    *お休み 変則になります。 2(月)・9(月)・17(火)・22(日)・23(月)29(日)30(月) *営業時間 いつもと15(日)10:30〜6:00 /1(日)・8(日)16(月・海の日)は1:00〜6:00

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山   
無料ブログはココログ

« 絵本ーベスとベラ | トップページ | 宮崎駿のアニメを読むー2 »

2006年11月 3日 (金)

宮崎駿のアニメを読む

      宮崎アニメの原点−『未来少年コナン』−
                                        高橋峰夫
 (3回にわけて、3日間連載します。)
(1)初の本格演出作品
  宮崎駿のアニメを、順を追って紹介してみたい、という気は前からありました。ただ、どこから始めるか。宮崎駿が原案・脚本の、『パンダコパンダ』は、画期的でしたが、監督は高畑勲です。 宮崎駿の出世作は、やはり NHKの『未来少年コナン』でしょう。78年製作で、全26話放映されました。宮崎駿・高畑勲・早川啓二の3人が共同で演出してますが、最初から最後まで関わったのは宮崎駿です。日本アニメーション(株)の制作ですので、ジブリ・コレクションには入ってません。 DVDはバンダイから全7巻出ています。
S_bcba0948

(2)複雑な展開を見る(序盤・中盤・終盤をごく簡略に)
  08年7月、超磁力兵器によって地球は、ほぼ壊滅。その20年後からこのアニメは始まります。のこされ島に、たった2人生き残ったコナンとおじいさんは、砂浜に漂着した少女ラナと出会います。 ラナの説明だと、生き残った人達は、ハイハーバー島で、農村生活を営んでいますが、もう一方の生き残り、インダストリア島の支配者達は、科学文明に固執し「太陽エネルギー」での世界支配を企てています。でも、兵器にもなる「太陽エネルギー」技術者は、ラナのおじいさんラオ博士だけです。ラオ博士は逃亡中です。ラナはラオ博士を捕える手づるとして、インダストリアへ送られる途中で、ダイス船長のバラクーダ号から逃げ出したのです。
 しかしラナは、のこされ島まで追って来たモンスリーに捕まります。モンスリーは女ながら、インダストリアの政治局次長なのです。コナンはラナを追う為、バラクーダ号に潜り込みます。途中で友達になった、ジムシーも交えての救出劇が、アニメ序盤の見所になります。大冒険の末、ラナを救出し、変装していたラオ博士とも再会します。
 ここから中盤に入り、ラオ博士は、大津波で海没するインダストリアに自ら赴き、警告しますが、逆に捕まってしまいます。 一方、コナンとジムシーとラナは、一時的に仲間になったダイス船長の船で、ハイハーバーに着きますが、船は島民に沈められます。 こうしてコナンや船員達の、島での生活が始まりますが、ハイハーバーも理想郷ではありませんでした。宮崎駿は、島での楽しい生活をたっぷり描きます。その後は一転して、島民と厄介者オーロの対立、モンスリーの攻撃、オーロやダイス船長の寝返りと、逆転、また逆転です(事態を収拾するのは、島を襲った大津波なのですが) ここから終盤に入り、ハイハーバーは津波から立ち直ります。コナン・ラナ・ジムシーは、モンスリーと取引し、ダイス船長も入れた5人で、ラオ博士救出に、インダストリアへ潜入します。しかしインダストリア支配者の、レプカ政治局長は、モンスリーを裏切者扱いします。ラナと再会後、ラオ博士は、大津波前に住民を避難させる為に、「太陽エネルギー」を復活させます。しかし、レプカは住民を見捨て、空中要塞ギガントに「太陽エネルギー」を注入します。ここに至って、住民はようやく圧制に抗して立ち上がり、政治局を倒して、自力でハイハーバーへ脱出します。しかしその時は、レプカがギガントで飛び立った後でした。レプカを追いかけ、空中でギガントに乗り移ったコナン・ジムシー・ダイス船長は、最後の決戦に挑みます。ここの、大空でのアクションは、宮崎駿の独擅場です。そういえば『スターウオーズ』の日本公開が、同じ78年。あの映画は、空中シーンのスピード感が売り物でしたが、コナンの空中シーンは、むしろ浮遊感が持ち味です。
 『コナン』では世界の壊滅は08年7月。つまり、最終戦争は、制作時の30年後に設定されています。30年以内に核戦争の起こる可能性はありえます。あと2年、世界の危うさは、今も同じです。(明日につづく)

« 絵本ーベスとベラ | トップページ | 宮崎駿のアニメを読むー2 »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 絵本ーベスとベラ | トップページ | 宮崎駿のアニメを読むー2 »

最近の写真

  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo_2
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo_2
  • P1010131
  • Photo
  • Photo