お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    <2018年度の募集中!自主講座のグループ もありますが、くわしくは会留府にお問い合わせ下さい、 *ボランティア講座と絵本の会は5月からスタート 参加募集中> ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     7月の予定・くわしくは7月のえるふ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 夏のえるふお話会 21日(土)7:00〜 お話と絵本を読んで+花火をして遊びます。 おとなといっしょです。参加はどなたでも/お申し込み受け付けています。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     *学ぼう語ろう〜9日10:00〜読書会 参加自由  ・・・・・・・・・・・・・・・   *Y・Aの本を読む会 12日(木)7:00〜読書会 ・・・・・・・・・・・・・・・ *羊毛チクチクの会 19日(木)10:30  〜(事前参加申し込み受付)        ・・・・・・・・・・・・・・・       *グループ放課後 18日(水)7:00〜読書会(公共 図書館司書・その他) ・・・・・・・・・・・・・・・          *憲法カフェプラスのプラス2 31日(火)  7:00〜社会保障と憲法  お茶パン付き800円 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・      *絵本の会 20日(金)7:00〜今絵本がおもしろい。ポーランドのおはなしと絵本 非会員800円                                                                                                                         

7月の営業とお休み

  • 7月のお休み
    *お休み 変則になります。 2(月)・9(月)・17(火)・22(日)・23(月)29(日)30(月) *営業時間 いつもと15(日)10:30〜6:00 /1(日)・8(日)16(月・海の日)は1:00〜6:00

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山   
無料ブログはココログ

« 絵本ー雲をみようよ | トップページ | 絵本ーあなあきはっぱ »

2006年10月 4日 (水)

「見習い物語」を読むー高橋

Htbookcoverimage_72

Htbookcoverimage1_6


「見習い物語 上・下」
レオン・ガーフィールド作
斉藤健一・訳
岩波少年文庫 本体各720円




 奇妙な味、名短編の連作
  レオン・ガーフィールドの『見習い物語』上・下(岩波少年文庫)は、まず挿絵がいい。冒頭には18世紀イギリス(ロンドン)の見習い(徒弟制度)の説明があります。当時は見習い期間は、7年間と決まっていたそうです。日本は江戸時代中期にあたりますが、日本の丁稚奉公を小説にするとしたら、歴史人情物でしょうか。 この『見習い物語』は、それとはテイストが違います。それよりドライと言うか、とにかく聖人君子は出てきません。見習いの子供たちも、素行不良が大半です。それでいて、どの話も短編小説として完結し、登場人物の生き方にも、親近感を持たされます。
 挿絵も当時のロンドンの雰囲気をよくあらわしています。と思って、画家を見たら、岩淵慶造でした。太田大八もイギリス人と見まがう挿絵を描きますが、岩淵の、何気ない挿絵も洒落ています。  登場人物が子供たちですから、子供向けの作品ということになるのでしょうが、はたして子供たちが読んでくれるかどうか。働いている子らが大人びていると言うよりも、作者の描き方が、斜めに構えているというか、凝った繊細な構成になっています。むしろ大人の方が楽しめる、と思って訳者あとがきを見たら、もともと福武書店から出た本だそうです。いかにも福武や徳間好みの作品です。
見習いの主人公が点灯夫、鏡細工師、産婆、質屋と続き、前の短編の主人公が、次の短編のどこかに登場する作りになっています。 好き嫌いはあるでしょうが、質屋2人が主人公の「外套」や、鳥かご作りとかつら商人「ロージー・スターリング」、印刷工と本屋の「トム・ティトマーシュの悪魔」、ペンキ屋と絹物商の「きたないやつ」、人形店とパイ店の「敵」などは傑作です。 どの短編も、当時のロンドンの風俗や見習い仕事が、詳細に書き込まれ、それだけでも面白いのですが、プラス人生の機微というか、人物のやりとりが一筋縄ではいきません。訳者が「あとがき」で言っているように「子どもたちは小さな大人のように扱われていました。ですから、そのような時代を生きている子どもたちは、酒も飲めば、けんかもするし、悪さもする、親方の金を盗みもする、とにかくたくましかったのです。」 機会を見て、子供たちに勧めたい本です。
 高橋峰夫


« 絵本ー雲をみようよ | トップページ | 絵本ーあなあきはっぱ »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 絵本ー雲をみようよ | トップページ | 絵本ーあなあきはっぱ »

最近の写真

  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo_2
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo_2
  • P1010131
  • Photo
  • Photo