« 絵本ーキップコップのこどもたち | トップページ | 絵本ーおでかけばいばいのほん »

2006年10月18日 (水)

ぼくの文章ーひろや

 きちっと考え事をした上で綺麗な文章を書く工夫ができるだけの体力が今はない。かといってファンキーな口語体で書くと意外な所で単純ミスをする恐れがあるし、なによりも論理の美しさ、例えるならば五線譜という最低限の制約の上で紡ぎだされる言葉のリズム、みたいなものが無くなってしまう。
勿論それは口語体でもやろうと思えばできることだが、すさまじいテクニックがいるので、やっぱ無理だし・・・。
あ、すいません。ども五十嵐敬也です。独り言?ああどういう風なモードで書くかなあ、って考えていたんですね。
まあ、「少し固めの口語体」で今回は適当に、妥協でいいや。
さて、とにかく今回の話題は自分の文章に関することです。え、そんなこと書かないほうがかっこいい?いやーでもなりふりかまっていられないんですよ。面白さの公式とか言い出さない分まだマシでしょ?
どんどんいきます。
良い点より、悪い点を塗りつぶした方が物事の現実が克明に浮き上がることはよくある事なので、ぼくの文書を書く際の問題点を挙げます。
まずぼくがこのページで書かせてもらっている文章を書く際の手順的なるものを振り返ってみると、毎回毎回拾ってきた話題のコア(?)とでも呼ぶべきものに自分の考えを装飾した末、結果完成した手垢のついたままの雑感として皆様に提供している、という感じです。が、その都度完全受注生産なので、まずそれぞれの文章の間につながりが希薄なんですね。だから、自分でも読んでいて混乱する時すらあるんですね。例えば前回の家族の話題、タイトルは「こんな時代だからこそ譲れないもの」ですが、別にその「譲れないもの」が必ずしも家族であるべきだとはぼくは考えていないんですよ。全ての基準が個人レベルでも、もはやそれは仕方ないのかもしれない、とすら
思ってるくらいです。でも、たまたま拾ってきた話題のコアが従姉妹家族の新築のことだったので、「譲れないもの」の一例として紹介されるはずだった筈の、家族という概念がむしろ譲れないものの個人的筆頭みたいになっちゃったぜというワケなんですね。「『譲れないもの』が必ずしも家族であるべきだとは、ぼくは考えていない」という認識とのつながりを意識しなかったが故に起こったことです。
これが、問題点。随分前から気付いてはいたのに直せなかったこと。ぼくに売文業の誇りなどまだあるわけがないですが、(大体『売って』ないし)脆弱なプライドの多くを投入しているのも又事実なので、これを機に自らに課題
を課そうと思います。
それは「体系だてること」。ぼくは生まれて初めて書いて褒められた文章の形式が読書感想文だからか、一つの物事や考え方・出来事などを観察してそれに「感想」的なものをつける方式が脊髄に刻みこまれています。もちろんそれを繰り返すことで大分ストックがたまってはいるんですが、同じ内容を別の表現や比喩で表していたりもするので、わかりにくいのです。
これが、課題を課す最大の理由。他人の頭の中はわからないのだから、せめて自分自身の頭の中は整理しなくちゃ、というわけなんですね。


« 絵本ーキップコップのこどもたち | トップページ | 絵本ーおでかけばいばいのほん »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 絵本ーキップコップのこどもたち | トップページ | 絵本ーおでかけばいばいのほん »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

10月の営業とお休み

  • 10月のお休み
    *お休み 2日(月)・9日(月)・16日(月)23日(月)30日(月) *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *よいこ連盟(保育士・なろう とする人)13日(金)7:00〜  「絵本をみる」        *Y・Aの会 読書会(どなたで も)12日7:00〜 「とりあげ る本 赤川次郎の本を読む」   *絵本の会 「絵本づくりの現場から」講師光村教育図書編集・吉崎さん 20日7:00〜(誰でも)           *グループ放課後 読書会「蜜蜂と遠雷」(公共図書館司書・その他)18日(水)7:00〜                  *ボランティア講座 非公開 16日(月)10:00〜       *憲法カフェ26日(火)「教育と憲法2」講師千葉県若手弁護士の会・中島弁護士 9月31日(火)7:00〜         *羊毛チクチクの会ハロウィーンのカボチャをつくる 19日(木)10:30〜                                                                                                                         

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山