« 新刊ー孤島のドラゴン | トップページ | 子どもといっしょに音楽を »

2006年10月24日 (火)

海からのおたより10月2の巻

 海からのおたより  2006年10月  千葉県レッドリストの貝
 
 今回改訂になったレッドリストには浅い海にいる貝が多く掲載されました。千葉県の海岸は開発されて急激に環境が変わっています。千葉の名産のハマグリは絶滅してしまいましたが、そのほかにもたくさんの種類の貝類が絶滅の危機にさらされています。そのほとんどが東京湾の浅い海(潮下帯)のものです。
わたしのコレクションからおもしろいものをいくつかご紹介します。
20061023_175313_0010
  イボキサゴ (ランクB 重要保護生物)
干潟が少なくなって貴重な貝になってしまいました。むかし女の子が遊んだ「おはじき」のルーツです。おはじきのことを「キシャゴ」と海から遠い埼玉県の秩父地方でも呼んでいたそうです。加曽利貝塚では大量に出土しますし、木更津では昭和のはじめまで田んぼの肥やしにしていました。

20061020_143720_0009
モスソガイ (ランクD 一般保護生物)殻の長さ4.3㎝
この写真を見て「な〜んだ、ぼろ」、とはいわないでくださいね。わたしにとっては宝物です。別名をペルリボラといいます。あの黒船で開国を迫ったペリーが持ち帰りました。ちゃんと学名にもperryi がついています。いわゆる「つぶ貝」のなかまでおいしい貝です。
20061020_143950_0012
ワスレガイ  忘れ貝 (ランクD  一般保護生物)殻の長さ7㎝
ちょっとすてきな和名です。「万葉集」では片思いを忘れる貝としていくつもの歌が詠まれています。また「土佐日記」では娘を亡くした母が「忘れ貝があったら拾いたい」と詠むくだりがあります。この貝は同じ名ではありますがそんな切ない思いとはイメージがちがう厚手の貝です。江戸時代になってからこの貝に名がついたといわれています。
ちなみに歌の中での「忘れ貝」は特定の貝ではなく、“片方を海の中に忘れてきた打ち上げられた二枚貝の殻”という意味のようです。むかし、母がどこかのおみやげで買ってきたことがありました。味はともかくとして硬かったことを憶えています。
20061020_143557_0008
ヒナガイ(ランクC 要保護生物)殻の長さ8㎝
九十九里浜で投網をしていたおじさんにいただいた貝です。ややマニアックでしょうか。これだけきれいなものはなかなかありません。
地元の方にお話を聞くとおもしろい情報が得られます。レッドリストにはありませんが、チョウセンハマグリをハマグリ、コタマガイをチョウセンハマグリと彼は呼んでいるそうです。呼び名があるということはその土地で親しまれているということです。おじさんが間違っているわけではありません。図鑑に載っている和名だけでなくその土地の呼び名も残しておきたいものです。
20061020_144142_0013
コタマガイ(左)殻の長さ7.3㎝
チョウセンハマグリ(右)殻の長さ9センチ
 どちらもレッドリストにはのっていない貝です。

貝類掲載種197種のうちのほんの一部を紹介しました。
レッドリストは千葉県自然保護課HPからダウンロードできます。先に発行された「レッドデータブック 普及版」(1000円)は写真と解説つきで親しみやすいのでこちらをお手元におくことをおすすめします。
               どんぐりつうしん変集長  谷口優子
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

« 新刊ー孤島のドラゴン | トップページ | 子どもといっしょに音楽を »

自然」カテゴリの記事

コメント

チョウセンハマグリをハマグリ、コタマガイをチョウセンハマグリと呼ぶというのは興味深いですね。以前、九十九里浜でダンベイキサゴを「ながらみ」という名前で売っていました。塩茹でにすると美味しく、好きな貝の一つですが、貝の名前の方言は、調べると楽しいですね。
千葉県ご出身の川名興(かわな・たかし)さんの著書「日本貝類方言集」は私の宝物の一つです^^

「ながらみ」おいしいですよね。めったに千葉でもお目にかかれません。先日、愛知県産キサゴを「ながらみ」としてスーパーで売っていました。
川名先生のご本はすばらしいですね。地方には昔の呼び名が残っていたりするので興味深いですね。わたしもなるべく地元の方に話を聞くようにしています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新刊ー孤島のドラゴン | トップページ | 子どもといっしょに音楽を »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

6月の営業とお休み

  • 6月のお休み
    *6月5日・12日・19日・26日の月曜日                    *6月4日・11日・18日・25日の日曜日は1:30〜6:00            *営業時間10:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *グループ学ぼう・話そう 定例会第2月曜日12日(月)10:00〜話し合い  *ボランティア講座 定例会19日(月)10:00〜 テーマ「科学絵本を読む・非公開」              *憲法カフェ27日(火)3期・6月学習会「いま、福島は・報告と話し合い」誰でも・予約制             *グループ放課後(公共図書員・関係のある人) 定例会15日(木)7:00〜読書会・D・J・ハスケル著「ミクロの森」               *YAの本を読む会+のんき〜ず学校図書館司書  定例会8日(木)7:00〜読書会R・M・フイッツジェラルド著「スピニー通りの秘密の絵」   *よいこ連盟・絵本の会(保育士たち)定例会23日(金)7:00〜制作「絵本を読む」                *絵本の会16日(金)7:00〜方言で昔話を聞く・絵本で見る 語り手高橋峰夫さん                 *羊毛ちくちくの会22日(木)10:00〜制作                                                                                                           

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山