お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    <2018年度の募集はじまり ました。自主講座のグループ もありますが、くわしくは会 留府にお問い合わせ下さい、 *ボランティア講座と絵本の会は5月からスタート 参加募集中> ・・・・・・・・・・・・・・・              =4月の予定=    *学ぼう語ろう〜9日10:00〜話し合い「母の友 4月・5月号」で  ・・・・・・・・・・・・・・・        *Y・Aの本を読む会 12日  (木)7:00〜読書会「天盆」  王城夕紀著 ・・・・・・・・・・・・・・・  *羊毛チクチクの会 19日10:30  〜(事前参加申し 込み受付)        ・・・・・・・・・・・・・・・ *グループ放課後 14日 (水)7:00〜読書会(公共 図書館司書・その他) ・・・・・・・・・・・・・・・*憲法カフェプラス24日(火)  7:00〜選挙法について学ぼう  お話 千葉県若手弁護士の会お茶と パン付き800円                                                                                                                         

4月の営業とお休み

  • 4月のお休み
    *お休み 2日・9日・16日・23日・30日の各月曜日 *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山   

募金にご協力ください。

  • 募金にご協力ください
    いつもアジアの子どもたちに絵本を贈る運動に会留府も参加している団体。公益社団法人シャンティ国際ボランティア会へ。http://www.sva.or.jp *郵便振替口座 00170-8-397994 口座名 SVA緊急救援募金 東日本大震災募金」と記入 (青い用紙が郵便局にあります)一口1000円から  みんなの小さな気持ちを!!
無料ブログはココログ

« おばけのジョージーともだちをたすける | トップページ | 絵本 ここが家だー第五福竜丸 »

2006年10月12日 (木)

海からのおたよりー10月の1

 海からのおたより 10月  嵐のあとで
 
秋休みの海辺を歩いてきました。久しぶりの館山の海はおだやかでしたが、3日前の嵐の影響のせいで浜のようすはすっかり変わっていました。
砂浜に描かれた白い線はなんでしょう?近づいてみると自然のものでないことがわかります。これはこまかくくだかれた発泡スチロールです。魚を入れるための保冷ケースが流されて波にもまれたりしてばらばらになったものです。プラスチックは分解されないので非常にやっかいなものです。
今回の嵐は高潮の被害も出ていました。ところどころ岸が波で深くえぐられています。「このあたりのものがみんな流されてしまって船が出せない。こんなにひどいのはここ10年なかった」と漁師さんが入り江いっぱいに打ち上げられた海藻を指さしながら話してくれました。浜辺はペットボトルと海藻の山。ごみをかきわけながらいくつか貝を拾ってみましたがめぼしいものはありませんでした。いずれまた海藻は海に戻っていきます。海岸のゴミは人の手でしか片付けられません。しかし風花のごとく飛ぶ、発泡スチロールのゆくえは風しだいです。
                  
20061009_142319_0008
20061009_143115_0009
どんぐりつうしん変集長  谷口優子

« おばけのジョージーともだちをたすける | トップページ | 絵本 ここが家だー第五福竜丸 »

コメント

私のフィールドの材木座海岸には、陶磁器の破片やビーチグラス、さらにはその原型であるビンもそのままの状態で打ち上げられます。
これらのものは短ければ数十年、長ければ数百年もの間、海に隠れていて、現在宝物として出てくるものですね。
ところがそうした宝物と同時に目に付くペットボトルや発泡スチロールは、これから数十年経ったとしても、「宝物」として目を引く存在には決してならないでしょう。
プラスチックは確かに便利ではありますが、それだけでしかないのかもしれません。
そんなことを考えながら海辺を歩いていると、昔の人の財産を食いつぶしているような気になって悲しくなることがあります。

私は9歳まで日本海の海辺の街で暮らしていました。海辺にはあまり貝などは見つけられませんでした。漂流物といえば海藻のホンダワラがたくさんあり、海は荒いけれどきれいでした。お盆過ぎは泳いではいけなかったのでクラゲをとって遊びました。いまは浜辺が浸食されてなくなってしまい、つまらない。(近年行っていないのでわかりませんが。)夕陽が沈むのがとてもきれいでした。

日本海沿岸には年間10万トンも外国からのゴミが漂着するといわれています。特にプラスチックゴミは海流に乗って世界中を旅してしまいます。それは豊かになった産物ではありません。わたしたちをとりまくすべてに無関心な人がこれだけいる、という現実です。ガラスのビンや陶片はロマンがありますが、モラルも捨ててしまっているようで本当に残念なことです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« おばけのジョージーともだちをたすける | トップページ | 絵本 ここが家だー第五福竜丸 »

最近の写真

  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo_2
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo