« 海からのおたよりー夏休み番外編1 | トップページ | 絵本ーおじいちゃんちでおとまり »

2006年9月 2日 (土)

海からのおたよりー夏休み番外編2

Imgp1227

お宝ーガラスの浮き玉




 函館市の大森浜にはほとんど貝は落ちていませんでした。いくつかみつけた貝は地味な貝ばかりです。こどもたちはわたしのところに貝をよこすだけで興味はいまひとつわかないようでした。それでも歩きなれない北の浜はそれなりにおもしろく、打ち上げられた長い昆布を拾ったりしていました。
突然、長男のうれしそうな声がしました。見れば大きなガラスの浮き球が打ち上げられています。「浮き球」は漁で使う「浮き」です。いまはプラスチック製や発泡スチロール製のものがほとんどになってしまってガラス製のものは使われなくなっています。どこをどれだけ旅してきた浮き球でしょうか?北のフジツボがびっしり着いています。漂着物のコレクターの間では「ビン玉」とも呼ばれている“お宝”です。(漂着物学会のメーリングメンバーになっていると時々報告がきたりします。)北海道の観光スポットになっている小樽の北一硝子も明治時代からニシン漁のための浮き球を作っていました。漂着物はその土柄をなによりも物語ります。この浜では以前にイカ釣り漁船の漁り火(いさりび)のライトを(なんと電球1つで4kw!)見つけたこともありました。漁業といっても千葉あたりとはだいぶ違います。
ひととおり浜を歩いて帰ろうか、というときになってどうしても長男が「浮き球」を持って帰る、といってゆずりません。たしかに“お宝”ですがなんとも大きすぎます。なにしろ直径30センチの大物です。それでも「どうしても」、というのでさすがに千葉まで抱えて帰るわけにもいかず、宅配便で送ることになりました。
かくて我が家のベランダには大きな浮き球がころがり、2メートルもある昆布がまるで北国の漁師の家の軒先であるかのようにぶらさがっています。
 
 
    どんぐりつうしん変集長   谷口優子

« 海からのおたよりー夏休み番外編1 | トップページ | 絵本ーおじいちゃんちでおとまり »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110398/11734071

この記事へのトラックバック一覧です: 海からのおたよりー夏休み番外編2:

« 海からのおたよりー夏休み番外編1 | トップページ | 絵本ーおじいちゃんちでおとまり »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

12月の営業とお休み

  • 12月のお休みは28日までありません。
    *お休み 28日午後から1月4日まで *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • 冬のおはなし会
    赤ちゃんからお年寄りまで、絵本を読んだりお話を聞いたり、さあ!はじまり・・・はじまり
  • 12月の定例会
    すべての集まりの定例会はお休みです
  • ー元気になる集まりいろいろー1月の予定
    *よいこ連盟(保育士・なろうとする人)12日(金)7:00〜                   *Y・Aの会 読書会(どなたでも)11日7:00〜 「とりあげる本 わたしを離さないで」     *学ぼう語ろう〜15日1:30〜「母の友1月号を読む(どなたでも) *絵本の会  19日7:00〜(誰でも)             *グループ放課後 読書会(公共図書館司書・その他)17日(水)7:00〜             *ボランティア講座 非公開 22日(月)10:00〜         *憲法カフェ30日(火)「沖縄は今」 28日(火)7:00〜(事前参加申し込み受付)        *羊毛チクチクの会 未定(事前参加申し込み受付)                                                                                                                         

できることから

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山