ウェブページ

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    <2018年度の募集はじまり ました。自主講座のグループ もありますが、くわしくは会 留府にお問い合わせ下さい、 *ボランティア講座と絵本の会は5月からスタート 参加募集中> ・・・・・・・・・・・・・・・              =5月の予定=    *学ぼう語ろう〜21日2:00〜きみたちはどう生きるか」を読んで  ・・・・・・・・・・・・・・・        *Y・Aの本を読む会 10日  (木)7:00〜読書会「扉守 塩の道の旅人」  光原百合著 ・・・・・・・・・・・・・・・        *羊毛チクチクの会 17日10:30  〜(事前参加申し 込み受付)        ・・・・・・・・・・・・・・・ *グループ放課後 9日 (水)7:00〜読書会「たまたまザイールまたコンゴ 田中真知・著(公共 図書館司書・その他) ・・・・・・・・・・・・・・・       *憲法カフェプラス2 29日(火)  7:00〜選挙法について学ぼう・国民投票ってなんだ  お話 千葉県若手弁護士の会お茶と パン付き800円 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    *絵本の会 18日(金)7:00〜さあはじめよう!どんな絵本を読もうか?!                                                                                                                         

5月の営業とお休み

  • 5月のお休み
    *お休み 3日・4日・5日・7日・14日・21日・28日の各月曜日 *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00
無料ブログはココログ

« 海からのおたより−8月 | トップページ | 絵本ーしらないまち »

2006年8月 5日 (土)

盤洲干潟のスダテあそび 2の巻き

おなかがいっぱいになったところでまた海で遊びます。この日は中潮でしたが、完全に潮が引いたところでは潮干狩りをすることができます。アサリ、バカガイ、サルボウ、カガミガイ、マテガイ、どれもおいしい干潟の貝です。きれいなイボキサゴがすごい密度でいてびっくりしました。アサリよりたくさんいます。イボキサゴはいまでこそ千葉県版レッドデータブックで重要保護生物・Bランクになっていますが、田んぼの肥料にしていた時代もあったそうです。加曾利貝塚では大量に出土しますが、これを見て少し納得できました。こどもたちは海水浴。「足でなにか踏んだと思ったらカレイだった!つかまえちゃった。」ほんとうに豊かな海です。
午後2時をすぎると潮が満ちてきました。遠浅の海はあっという間に風景を変えていきます。クーラーボックスいっぱいの海の幸をおみやげにスダテ遊びはおわり、船は漁港へ帰っていきます。ちいさなカレイが気に入ったおとなりのおともだちはずっと手に持ったままかわいがっていましたし、80にして漁師体験をしたわたしの父は車えびをつかまえて満足していました。お魚いっぱい、笑顔いっぱいの楽しい一日でした。スダテは8月末でおわり、網は抜いてしまうそうです。そしてその後はノリの養殖の準備にとりかかるということです。
家に帰ってからがまたまたたいへん。スズキの子(フッコ)やシマイサキは塩焼き、カレイはから揚げ、サッパは酢でしめて、貝はとカニはお味噌汁に・・・・あまりにもたくさん獲れたので知り合いの方にもおすそ分けして無駄にすることなくいただきました。
「里海の会」ではアサクサノリを復活させようというプロジェクトなどいろいろなイベントをやっています。興味のある方はこのブログ脇の「気になる人たち」からいらしてください。東京湾ってすごいんですよ!あらためて思いました。
    どんぐりつうしん変集長 

20060728_120103_0029
 イボキサゴ



20060728_131735_0032
  アナアオサが網につくのでそうじ


20060728_141334_0033
  舞っている鳥たち

« 海からのおたより−8月 | トップページ | 絵本ーしらないまち »

自然」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。
里海の会の活動も海苔養殖準備でしばらくお休みです。今年こそアサクサノリを復活させたいと思います。
それと当方のブログにリンクさせていただきました
又遊びに来てください!

ぜひまたうかがいたいと思います。
うわさのビジターハウスにも寄らせてくださいね。

昨日、海ほたるを通ってスダテの場所を見てきました。
それにしても、イボキサゴがこんなに沢山とはすごいですね。私の地元では、イボキサゴは消滅してしまっていて、貝殻を拾うのも難しい状態です。
そんなことになる前に、自然を大切にする気持ちをみんなが共有しなくてはいけませんね。

そのとうりですね。普通種が消える、ということがどんなことか知ってほしいです。イボキサゴはおはじきの原型といわれていますが、盤洲のものはバラエティに富んでいてほんとうにきれいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110398/11285526

この記事へのトラックバック一覧です: 盤洲干潟のスダテあそび 2の巻き:

« 海からのおたより−8月 | トップページ | 絵本ーしらないまち »

最近の写真

  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo_2
  • Photo
  • Photo_2
  • Photo
  • Photo
  • Photo_2
  • Photo
  • Photo_2