募金にご協力ください。

  • 募金にご協力ください
    いつもアジアの子どもたちに絵本を贈る運動に会留府も参加している団体。公益社団法人シャンティ国際ボランティア会へ。http://www.sva.or.jp *郵便振替口座 00170-8-397994 口座名 SVA緊急救援募金 東日本大震災募金」と記入 (青い用紙が郵便局にあります)一口1000円から  みんなの小さな気持ちを!!

キボウのカケラ

クリック募金

« 人生を旅する | トップページ | FLUSHー垂れ流したのは誰だ »

2006年5月11日 (木)

海からのおたよりー5月

20060430_105622_0003
20060430_163225_0011
20060430_145352_0010








 先日、館山・洲崎沖の東京湾口で貨物船同士が衝突、一方の
船が沈没するという衝撃的な事故がありました。その後、流出
した重油の一部が海岸に漂着したという報道もあって、わたし
たちは心配しながら連休の館山に行ってきました。
 海は引き潮でとても穏やかでした。浜辺にはほかに人もな
く、死んだ大きなウミガメがひっそりと砂浜に打ちあがってい
るだけでした。見たところ重油の影響はないようです。顔をあ
げると薄紫のハマダイコンが風に揺れていました。春の海辺
を彩る花です。波打ち際からはなれて歩いてみるとハマエン
ドウ、ミヤコグサ、ハマヒルガオ、などかれんな海岸植物がた
くさん咲いていました。家のまわりではヒルガオ、カラスノエ
ンドウという同じなかまを見ることができますが、海岸に生え
るものはずっと花が大きくて背丈が低く葉の厚さが違うこと
に気がつきます。たとえば、ハマヒルガオは地面をはっていま
すが、その下には太い根があります。深く根を張ることによっ
て少ない水分を摂っています。海岸の植物は乾燥や潮風などに
耐えるためにいろいろな工夫をしているのです。きれいな花だ
からといって家に持ってきても育ちません。皮肉なことに彼ら
は海辺の厳しい環境でなければ生きていけないのです。そう
やってたくましく生きている海岸植物ですが、砂浜の開発な
どで絶滅寸前にまで追い込まれているのが現状です。
 海の環境を守ることは海をめぐるすべてのことを考えなけれ
ばなりません。沈没船は370メートルの海底でいまも重油を
流し続けているそうです。
 
         どんぐりつうしん変集長  谷口優子 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

« 人生を旅する | トップページ | FLUSHー垂れ流したのは誰だ »

自然」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、お邪魔します。
>沈没船は370メートルの海底でいまも重油を流し続けているそうです。
物凄く考えさせられる話ですね。目に見えないところで深く進行する自然破壊。壊すのは簡単でも復活させるのは並大抵ではないですものね。
だからこそ今ある自然はせめて大事にしていきたいと思います。

コメントありがとうございます。
沈没船がタンカーではなかったのがせめてもの救いです。東京湾のタンカーを規制する動きもあるようですが。
これからも身近な自然を見守っていきたいと思っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110398/10012665

この記事へのトラックバック一覧です: 海からのおたよりー5月:

« 人生を旅する | トップページ | FLUSHー垂れ流したのは誰だ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

8月の営業とお休み

  • 8月のお休み
    ご希望の時は前日までご連絡ください。お休みのときでもご希望の時間に合わせることができます      *8月は不定期です/お休み・13日(日)・14日(月)・ 15(火)19(土)/30(水)31(木)は棚卸し    *5日(土)6日(日)20(日)26(土)27(日)は1:00〜6:00         *28日(月)29日(火)は10:30〜6:00                   *その他は夏時間1:00〜7:00               

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
       8月・9月の予定          *グループ学ぼう・話そう 定例会第1月曜日9月は未定           *ボランティア講座 定例会9月25日(月)10:00〜             *憲法カフェ臨時8月29日(火)ミニ講演会マイナンバーと個人情報(図書利用カードをめぐって)講師白石孝さん 誰でも・予約制          *グループ放課後(公共図書員・関係のある人) 定例会9月20日(水)7:00〜読書会              *YAの本を読む会+のんき〜ず学校図書館司書  定例会9月14日(木)7:00〜読書会          *よいこ連盟・絵本の会(保育士たち)定例会9月8日(金)7:00〜    *絵本の会9月15日(金)7:00〜おとなの絵本の魅力            *羊毛ちくちくの会8月17日(木)10:30〜制作                                                                                                           

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山   

できることから

無料ブログはココログ