お仲間にどうぞ

  • 冬のおはなし会1月13日11時から
    赤ちゃんからお年寄りまで、絵本を読んだりお話を聞いたり、さあ!はじまり・・・はじまり
  • ー元気になる集まりいろいろー1月の予定
    *よいこ連盟(保育士・なろうとする人)12日(金)7:00〜                *Y・Aの会 読書会(どなたでも)11日7:00〜 「とりあげる本 わたしを離さないで」   *学ぼう語ろう〜15日1:30〜「母の友1月号を読む(どなたでも)             *絵本の会  19日7:00〜(誰でも)2017年のお気に入りの絵本を読む          *グループ放課後 読書会(公共図書館司書・その他)17日(水)7:00〜「とりあげる本 タイム・ライダース」     *ボランティア講座 非公開 15日(月)10:00〜       *憲法カフェ30日(火)「沖縄は今」 28日(火)7:00〜(事前参加申し込み受付)      *羊毛チクチクの会 18日10:00〜(事前参加申し込み受付)節分のイワシを作る                                                                                                                         

1月の営業とお休み

  • 1月のお休み
    *お休み 1日から4日 8日・15日・22日・29日各月曜日 *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山   

募金にご協力ください。

  • 募金にご協力ください
    いつもアジアの子どもたちに絵本を贈る運動に会留府も参加している団体。公益社団法人シャンティ国際ボランティア会へ。http://www.sva.or.jp *郵便振替口座 00170-8-397994 口座名 SVA緊急救援募金 東日本大震災募金」と記入 (青い用紙が郵便局にあります)一口1000円から  みんなの小さな気持ちを!!

できることから

無料ブログはココログ

2018年1月22日 (月)

はたらきもののじょせつしゃ けいてぃ〜

Photo
「はたらきもののじょせつしゃ けいてぃ〜」
V・L・バートン文・絵
いしいももこ訳
福音館書店 本体1200円


外は真っ白です。今日は定休日だったので店はお休み、久しぶりに落ちついて本を読みました。午後外を見ると真っ白、木々も重たそうに雪をかぶっています。出てみるとこの雪はめずらしく粉雪のような雪です。
軽いのですが風が強いと地吹雪のように荒れて、防寒具にもくっつきます。これはこれでやっかいです。
道の除雪は雪かきというより吹き上げて除雪車はすすみます。私はテレビがないのであまり雪の様子はわかりません。ラジオでは電車の運行状態や乗客の様子、道路の不通などの情報を繰り返しニュースでながしています。先日JRで電車のなかで乗客が長時間かんづめになり、JRの対応が問題になっていましたが、良く状況がわからないのでなんともいえないのですが、JRの駅の人だけでなく保線区のような所で働いている人のことを考えてしまいました。働きかたも人の感覚もやっぱりかわってしまった。科学がこう発達してくるとなんでもできると思ってしまう。してもらうことが当然とおもってしまう。それに自然は征服するものと思い違いをしているのではないかと。
 「じょせつしゃ けいてぃ〜」をちょうど今月の新聞の紹介本にしようと思っていたので、また読んでみました。雪の降らない時はトラクター、雪が降れば部品をとりかえて除雪車になる「けいてぃ〜」。
”ちやっ!ちやっ!ちやっ!わたしについてらっしゃい」と雪の中で大活躍していることでしょう。

2018年1月20日 (土)

さようなら、スパイダーマン

Photo
「さようなら、スパイダーマン」
アナベル・ピッチャー
中野怜奈・訳
偕成社 本体1700円


神戸の大震災、東北の大災害と死と向きあわなければならないことが続く。続くと書いたけれどいろいろの思い出と違って死は忘れられない。時間が忘れさせてくれるともいわれるが、そんなことはない。ただ、生きている状況がかわってかたちがかわっただけだと思う。死んでしまった人は変わらない、自分だけが歳をとりかわっていく、わたしも幾度となくそう思った。
 この本はイスラム過激派といわれている人たちのテロによって姉が死んでしまった10才の少年ジェイミーの家族のことが書かれている。ジェイミーの一家は両親と双子の姉だった。だったというのは双子の姉のジェスとローズがいて、そのひとりのローズがテロにあって死んでしまったからだ。それ以来父親はお酒に溺れ、母親は自助サークルにのめりこみ、そのなかで新しい伴侶を見つけて家をでてしまった。残った双子の一人のジェスは自分の存在が無意味なものに思いその呪縛からなかなか抜け出すことができない。思い出を振り切りたいと新しい生活を求めて郊外に引っ越しするけれど、父親はローズの骨の入った壷を手放すことができない。ジェイミーは新しい学校に転校したけれどそこでいじめっ子たちの標的になってしまう。
 読んでいて時々つらくなる。ジェイミーは好きな女の子ができるけれど、少女スーニャはイスラム教徒の子どもだった。知られないようにジェイミーは自分の気持ちを育てようとするけれど、当然父親には怒りをかうばかり、ジェスもまた恋人ができるのだけれど、父親は認めない。みんながローズを忘れてしまうのではないかという恐怖が父親をかたくなにしている。ジェスとジェイミーはコンテストにでて、なんとか希望をもとうとする。特にジェイミーはコンテストをみれば家をでた母親が戻って来てくれて、また、もとの家族に戻れると思う。でも、それはかなわない。それどころかジェイミーの大切なペットの猫のロジャーが事故にあって死んでしまう。
 けれど”みんないなくなっちゃうな!”とジェスの骨をロジャーといっしょに埋めながらつぶやく父親の悲しみを少し理解できたジェイミー、やはりペットを亡くしてしまったおじいさんのあたらしいイヌをさわりながら思う。いままできちんと向き合おうとしなかった自分を振り切るように、イスラム教徒だからとスーニャをいじめる同級生にむかっていく。それは自分のたいせつなものはちゃんと守らなければならないと思う心、でもできなかった父親やロジャーの哀しさも解ったジェイミーの一歩だ。
 とてもつらいことを少年の視点から書かれている、時にはユーモアをまじえて。センチメンタルに流れている本が多い中ですすめたい。そう!忘れなくとも良いのだと私自身にもあらためて教えてくれた一冊だ。

2018年1月14日 (日)

口ひげが世界をすくう?!

Photo
「口ひげが世界をすくう?!」
ザラ・ミヒャエラ・オルコフスキー作
ミヒャエル・ローハー絵
若松宣子 訳
岩波書店 本体1500円


口ひげってなんだ!かんたんにいうと口のまわりのひげのこと?ヨナタンことヨーヨーとおじいちゃんをめぐる、正確に言うとおじいちゃんのひげ騒動のお話です。ヨーヨーのおじいちゃんは手仕事が大好きなおもしろい人です。でもおばあちゃんが死んでからすっかり元気をなくしています。元気がないのはおじいちゃんばかりではありません。パパもママもおねえちゃんのロッテもみんな寂しがっています。寂しい、それはなによりも話を聞いてくれる人がいなくなってしまったのです。おじいちゃんは日長新聞ばかり読んでいます。ところがある日その新聞にでていたこと「世界ひげ大会」にでようとします。はじめはみんなびっくりしてしまいますが、おじいちゃんが元気がでるならと応援します。もちろんヨーヨーは一おじいちゃんと緒になって、準備したり励ましたり大奮闘!そしてなんと・・・いうまでもありません。世界一のチャンピオンになったのです。
 挿絵がとってもユニークです。たっぷり描かれていて、文を読む前にゆっくり絵を読んでみました。ユーモアたっぷりの文、それでいてどこかなつかしくしんみりしてしまう、でも楽しい愉快な物語です。ひげもいろいろあるのですね。くせもあるでしょうし、手入れが大変、髪の毛をとかすようにちゃんと整えるのだとおもいますが。ベトナム戦争のあったころ、髪の毛と同じようにヒゲは反権力の象徴のようにあつかわれた時代がありました。そういえば近頃ではヒゲをはやしている若者をあまり見かけなくなりました。見返しに10人のヒゲをたくわえた人の絵が描かれています。(もちろんガンダルフもいます。)「世界ひげチャンピオン大会」は実際にあるそうです。誰かでませんか?

2018年1月11日 (木)

ふぶきがやんだら

Photo
「ふぶきがやんだら」
ーちいさなかがくのとも2月号ー
あかしのぶこ さく
福音館書店 本体389円


とっても今晩は寒い。さっきからラジオでは寒さきびしいニュースをながしています。西日本でも氷点下、東京も、長野の方では水道管が凍るといっています。寒さでもそうですが、今月の絵本は吹雪のなかの森の動物たちのおはなしです。今私は雪どころか吹雪はすっかり忘れていますし、家にいるかぎりは暖かくしているので、この絵本の吹雪は思い出すしかありません。そういえば、真冬、いつもあるわけではないのですが、ヒュウヒュウ ピュウピュウと風の音を布団にもぐりこんで聞いたように思いだしました。雪が多いのでこの絵本のように窓から外を見ることはあまりできません。積もった雪の力で窓ガラスがわれないように板塀で囲いをするところがあります。そんな吹雪いた後は驚くくらいきれいな青空の日になります。子どもたちはみかん箱を改良した箱の橇で近くの川の土手で滑ります。こういう楽しさは子どもたちの特権で雪をほって落とし穴をつくったり、もちろんゆきだるまをつくったり雪合戦をしたり、雪にまみれて遊びほうけてもしかられない、しもやけがかゆくなって泣きそうになりながらも雪の子どものように遊びました。この絵本のように人も動物も自然の力には逆らうことができない。どうやって共生していくか、それは自然はたくさんの恵みをもたらしてくれるから、子どもたちはそのことを良く知っているのです。


2018年1月 9日 (火)

ゆうちゃんとひよどり

Photo
「ゆうちゃんとひよどり」
 こどものとも年少版2月号
いまきみち さく
福音館書店 本体389円


ゆうちゃんの庭に来る鳥のことが描かれています。ある雪の積もった日のこと、庭の柵にいちわの鳥がきて鳴いています。お母さんに聞くとその鳥はヒヨドリという鳥だと教えてくれまた。えさをあげることにしました。ネコからも守られるようにしました。春になったらそのヒヨドリはもう一羽連れてきました。この絵本ではゆうちゃんが鳥と仲良くする姿が描かれています。最初いろいろと心配するゆうちゃんのドキドキ感やヒヨドリを観察する姿も描かれています。
 ヒヨドリはスズメやカラスなどと同じくらい身近な鳥です。頭のてっぺんの毛が立っていてぼさぼさ頭でいささかうるさい鳴き方をします。果物が大好きで私も食べ残しの皮のところを木にさしておきました。じつはいまはそれはやめてしまいました。カラスがくるようになってご近所の人からご注意されたことがあったからです。鳥を観察しているとやっぱり身体の大きい鳥はいばっています。おとなりの梅の木にメジロがくるのですがヒヨドリがおいはらって、そのヒヨドリをカラスがおいはらって餌をひとりじめにしてしまいます。でもそのカラスは嘴の形から餌を小さくすると食べられないので餌を小さくすると良いことに気がつきました。鳥をみていると楽しいので飽きることがありません。

2018年1月 7日 (日)

こやぎのチキとじいさんやぎのひみつ

Photo_2
「こやぎのチキとじいさんやぎのひみつ」
 こどものとも2月号
清水たま子 文
竹田鎭三郎 絵
福音館書店 本体389円


以前このコンビの作品「ワニのお嫁さんとハチドリのお嫁さん」を見た時に不思議な感覚におそわれた。
民族色が強い描き方からかもしれない。日本の絵のもっている土臭さも感じられるのに、ただ最大にちがうところは瞳が青いことだ。人も動物も。この絵本はメキシコの先住民に伝わる昔話が背景にある。気の荒い年寄りヤギ、近づいてはいけないといわれていても、好奇心の強いこやぎチキは年寄りやぎの秘密を知ろうとします。ところがサソリにさされて気を失ってしまいます。けれど年寄りやぎに助けられたことから秘密を知ることになりました。このお話の元になったことを作者が折り込みふろくに書いています。人と野生の動物たちとの境界線が昔話にはないことが多いのですが、住民たちはそのなかで自然にとけ込み生きています。時代もところもずいぶんと違ってきましたが、まだ私のなかにの失われてはいないで、このことは絵本を読むことでよみがえってきます。残念ながら作者は昨年10月病気のため急逝されたそうです。


パパゲーノとパパゲーナ

Photo
「パパゲーノとパパゲーナ」
小西英子 作
福音館書店 本体1500円


この絵本はモーツアルトの歌劇「魔笛」から生まれています。1791年の作品で9月30日の初演ではモーツアルト自身が指揮をしたとか、でも12月5日にモーツアルトは亡くなりました。一度は聴いたことがある人が多いと思います。この歌劇を全曲聴いたことがなくとも「夜の女王のアリア」はかなり有名です。昔、聴いたとき同じ人間からこの声がでるとはとても信じがたく、すっかり驚いてしまいました。劇、それも外国のファンタジーに良くでてくるような魔物も含めて様々な人が登場します。歌劇を見たことも聴いたこともない地方都市で育った子どもの時はとても驚きでした。歌劇は音楽という耳から、目で見る舞台、ストーリーを楽しむというあらゆる機能を総動員して楽しむ芸術だといえます。「魔笛」は壮大な物語をもっているのでどちらかというと重い作品です。ただこの絵本は作者があとがきに書いているように、なかでも明るく笛のような素朴な音が聞こえてくるパパゲーノとパパゲーナの愛の物語です。最後の見返しに描かれている「パパパの二十唱」を聴きながら絵本を楽しむ(ちょうど舞台が絵本のページになる)新しい絵本の見方のひとつになります。
私もモーツアルトを良く聴いていた人を思い出しながら、それにセンダックが作品を描く時にはモーツアルトを聴いていたとか、どこに書かれていたか、そんなことを思いながらこの絵本を読みました。

2018年1月 5日 (金)

今年もよろしくお願いいたします。

        会留府は今日から新しい年がはじまりました。
      ー2018 年子どもたちに明るい平和な年になりますようにー

  
           えるふ冬のお話会のお誘い

2018 年1月13日(土)11:00から
 どなたでも参加できます。
 dogおはなし
 dog絵本を読む
 dogミニ人形劇
 Dscf2944
Dscf29402

「画像は昨年のお話会の人形劇だいくとおにろくから」今年はどんな人形劇かな?
 人形を使うのは八木さん
 参加の子どもたちにはプレゼントがありますので12日までに参加申し込みください


2017年12月31日 (日)

あさがくるまえに


 2017年も後わずかで終わろうとしています。楽しかったこと、悲しかったことあなたにはどんな年だったでしょうか。言葉にならないことがたくさんあった年のように思います。でも、あきらめてはいけない、やっぱり言葉にするよう努力しなければと思います。言葉は未来を人をつなぐものだからです。
 今年もたくさんの方にささえられての一年でした。もう一年会留府は続けていきたいと思っています。
 どうぞよろしくお願いいたします。
3306602
「あさがくるまえに」
ジョイス・シドマン文
ベス・クロムス絵
さくまゆみこ訳
岩波書店 本体1500円
1

あなたのねがいはなんですか?そのねがいをあらわすのにぴったりの言葉をみつけて、声にだしてみましょう。そうしたら、つつみこむような暗い夜の底にも、雪のかけらが、ひらひらとまいおりてくるかもしれませんよ。ージョイス・シドマンーあとがきより

2017年12月29日 (金)

今日の毎日新聞から

今日の毎日新聞千葉版の定期で掲載している絵本の紹介です。
 毎日新聞ー地域ー千葉ー阿部裕子の絵本大好き」でもみることができます。

  エトの動物個性豊かに

Photo

 十二支を知っていますか。本の見返しのところで十二支がそろってごあいさつをしています。十二支のお話というと「順番はどうしてこうなったの?」「ネコがいないのはどうして?」などの質問から書かれているお話がたくさんあります。「十二支」は古代の中国から始まったといわれています。この十二支のメンバーには日本にいない「虎」あまりなじみのない「羊」そして、実在していない「龍」などがはいっていることからもわかります。また、おもちつきをしている十二支を見ていると身の回りにいた動物たちから庶民の生活や願いがわかります。
 現代の私たちにはおもちはいつでも食べられるものですが昔は特別のものでした。とくにこの絵本の最後のページのほうのお正月の鏡餅は新しい歳神様を迎える意味で大切なものでした。(詳しくは作者のあとがきを読みながら親子で話し合ってみましょう。)
 あるところに心優しいおじいさんとおばあさんがいて、お正月を迎えるためにおもちをつこうとします。けれど年老いてしまったので力がでません。そこへ腹ぺこネズミが食べ物をわけてもらったお礼に十二支を呼んできます。
 画家の描く十二支のユニークなこと、たとえばイノシシは力があるので杵(きね)を振り上げ、来年のエトのイヌはサルと仲良くおもちを食べています。どの場面も元気な鳴き声、かけ声で個性豊かな十二支たちが画面いっぱいに描かれています。もちろんたくさんつくったおもちは村人たちにもわけてあげて皆でおいしく食べました。

「十二支のおもちつき」
すとうあさえ・さく
早川純子・え
童心社刊 本体1200円

2017年12月27日 (水)

ふたばからのおたより ―12月―

     
        一年のおわりに・・・

 今年1年、本当に転がるように過ぎていった気がする。
 確かに仕事の上では、今まで地道に耕してきたことが、芽吹いてグングン伸びていったような、次々に膨らんで繋がっていったような、すごい勢いで物事が進んでいって、ついていくのに精いっぱいだった。
 例えば、4月に会留府さんをお借りしてやらせていただいた小さな映画会からの縁で、川戸町にある児童養護施設で子ども達へのおはなし会が始まることになった。学習ボランティアをお願いして里親家庭に繋がる出会いもあった。
 1月に長野大の先生をお呼びして里親家庭に向けたプログラムを紹介していただいた。そのことからファシリテーター養成講座への参加、そうして10月から9組の里親さん対象に実際に12週連続のプログラムを実施できた。12週続くだろうかと心配したが、参加者の皆さん、ほとんど休むことなく全員に修了証書を渡すことができた。
 ちょっとした縁から、若葉区のプレーパークを貸していただけることになり、月に1回最終土曜日に、里親家庭の皆さんが集まれる場も開設した。たくさん参加するイベントもあったし、小人数でまったりと過ごす、くつろいだ時間もあった。
 そうして、そごうデパートやきぼーるでの里親制度啓発パネル展示やいくつかの入門講座等々・・・。小さな誠実なつながりも含め、いろいろなことがあった。
 家庭では、母親が急激に年老いた。足元がおぼつかなくなり、忘れることがとても増えてきた。ずっと昔の子育てしながらの共稼ぎ時代に戻ったように、夫婦二人でお互いに勤務を調整しあい、医者に行ったり、家にいたりして何とかやり過ごしてきた。
 こうした日々がいつまで続くか、わからない。今できる目の前のことを、確実にやること。忙しさに呑み込まれることなく、小さなことの大切さを踏み固めて新しい一年を迎えたいと思う。
 一年のおわりに、静かに、そう思う。

Photo

Photo_2

 写真は、利用させていただいている若葉区のプレーパークと、6月にそこでやった折りぞめの作品。プレーパークのログハウスは日曜大工の手作り、中にあるテーブルも手作りで、あたたかい温もりのある場所です。夏にはプールを出していっぱい水遊びもしました。 
            
                            (の)


«図書館にいたユニコーン

最近の写真

  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo_2
  • Photo
  • Dscf2944
  • Dscf29402
  • 1
  • 3306602
  • Photo